マルツネとうふセミナー

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

先日ありがとう店内で、マルツネとうふセミナーを開催しました。

 

一般的な消泡剤・添加物を使ったとうふと無添加の生しぼりとうふの食べ比べがありました。

 

原材料は同じなのに、出来上がりの味の違いに参加者は驚いていました。

 

30年以上お店で販売してきたとうふですが、セミナーで学んで再発見です。

 

遺伝子組み換え大豆を使用0%。(業界では5%以下の使用だと不使用表示できるそうです)

富山県産大豆を70%使った(残り30%ももちろん国産)こだわりのとうふです。

 

厚揚げ、うす揚げ、全粒とうふ、もめんとうふ、絹とうふ、ご賞味ください。

 

無常

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

「法」さんずいに去る。
流れる水が去る。

それが「法」のかたち。常なるものが無い。

仏法や宗教は、常なるものが無いと認める心。

これを『無常』と表現しました。

いま目の前にいる家族や
友人も明日いなくなるかもしれない。

だから無気力になるのではなく
常なるものが無いなら、
目の前の人を大事にしなさい。

一番大切な人は今の目の前の人

小林正観さんの教えはシンプルですが、深いです。

 

神さまの傾向

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

小林正観さんの守護霊からのメッセージです。

そのメッセージから神さまの傾向がわかります。

『神さまはきれいなものが好き』

  1. 見た目
  2. 身の周り

1の顔かたち、姿かたち。
芸能人やモデルなどはそうですね。

2は美しい心。これは・・・ムズい?!

1でも2でも勝負できない人は(笑)
3で勝負する

自分の身の周りを掃除して整理整頓。

特に、トイレ、台所、洗面所、などの水回りが効果的!

神さまの傾向がわかったら、あとは対策あるのみ♪

 

令和おめでとうございます

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

新元号の時代が始まりました。

この節目を経験できたことは幸せです。

 

昨晩、平成最期の国宝瑞龍寺のライトアップに行ってきました。

 

ライトアップする色の変化が美しい♪

 

そして、なんと・・・

 

平成を感謝。令和を祝う。

『喜びの精霊たち』が出迎えて下さいました。

何の取り柄もない

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

「自分には、何の取り柄もない」
という状況は・・・

実は、恵まれている。

正観さんの著書に鉄眼道光という方が出ています。

お経の版木(版画印刷の木)を17年間で
6956巻6万枚彫りつづけた。

晩年「自分には、ほかに何もすることはできないし、
何の取り柄もないという状況を神から与えられたから、
こんなバカなことを生涯、続けることが出来た」

天才は質よりも数。

取り柄がないことに感謝ですね。

 

い・ど・お

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

どんなことがあっても

例えそれが理不尽なことであっても

『い・ど・お』しない

威張らない
怒鳴らない
怒らない

自分は間違っていない、
自分が正義である、
相手が間違っている、
と思った時
威張ったり、怒鳴ったり、怒ります。

『い・ど・お』しない実践者がどうか神さまがお試ししているようです。

 

ひとりごと

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

家に帰ったら家族の顔を見ないで天井を見上げて、
「ああ、私の人生ってラッキーかもしれない」
とひとりごとを言ってみる。

直接言うと顕在意識にしか届かないので、
ひとりごとをその空間に届ける。

そうすると、その言葉は相手の潜在意識に働き
相手の身体をポッポッとあったかくする。

心地良くなりひとりごとを言った人のそばにいたくなる。

の人の味方をしたくなる。
�独り�が多い人�の画像検索結果

逆に否定的なひとりごとは・・・
相手の細胞をシュンとさせてしまう。

ひとりごとは周囲の人間の潜在意識に届くようです

「思いどおりにしたい」

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

思いどおりにしたい
それは、「今の状況が気にいらない」
と否定をしています。

強く思えば思うほど、
宇宙や神に、今の状況が気にいらないと文句を言っています。

「思いどおりにしたい」は、宇宙やへの宣戦布告

逆に、今置かれている状況が幸せと
気づく場合もあります。

その場合に出てくるのは、「ありがとう」
感謝の言葉。

「思いどおりにしたい」から

思いどおりにならなくて当たり前、でも思いどおりになったらうれしいたのしいしあわせ

でも、思いどおりにならなくてもいい、でも思いどおりになったらうれしいたのしいしあわせ
でも、思いどおりにならなくてもいい、でも思いどおりになったらうれしいたのしいしあわせ・・・・・・

ずっとやってられますね♪この絶妙の執着の無さが正観流。思い(重い)が無いから軽い♪

 

正観さん最期の企画

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

『なぜ、神さまを信じる人は幸せなのか?』というタイトル本が生前の最期の企画だったそうです。

 

神さまを信じる人は、神(宇宙)の意思ということで、受け入れることができる人。

 

そして、神さまが見ていると思えば、「喜ばれる」ことをしようと意識する。

 

そうすると、自然と人生がうまくいき、ますます神さまに『ありがとう』と感謝できる。

 

一連のいい流れができる。

 

店長、過去・現在・未来、受け入れて生きていきたいと思います。

 

 

幸せの海

- comments(0) trackbacks(0) ミヤムラ ヒデキ

幸せの海に泳いでいる魚は、その幸を見るができません。

幸せが見たい!海を見たい!そう言っていると、幸せの海から釣り上げてもらえます。

ただ、幸せの海から釣り上げられた魚は苦しい。

その釣り上げられた状態を一般的に災難というようです。(病気・事故・トラブル)

釣り上げたのは神さま。幸せが見たい!海を見たい!希望を叶えて下さった。

何事も無く、幸せの海を淡々と泳いでいる日常こそ、幸の本質。

小林正観さんはわかりやすく解説して下さいました。

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM